性病はどう避ける

薬を飲む男性

性病を避けるのは、何も難しいことはありません。
性行為をしなければほぼ感染をすることはありませんから、絶対に性病になりたくないというのであれば性行為をしなければいいだけなのです。
しかし、リスクがあっても性行為はしたいというぐらいに魅力的なものですから、性行為はしたいけれども性病にはかかりたくないとなれば信頼できるパートナーとだけ性行為をすれば感染は避けることができるでしょう。
男女ともにどちらも性病に感染をしてなければ、移るということがないので基本的には安全です。

しかし、性行為は性器に雑菌などが侵入をする恐れもあるので、そのようなリスクも避けるのであればコンドームを着用するようにしましょう。
コンドームは避妊だけでなく、性病の予防にも効果がありますから信頼できるパートナーとコンドームを着用した性行為であれば、リスクは極限まで抑えることが出来ます。
特定のパートナーがいないとなると、これは飛躍的にリスクが高まってしまうものであり、完全に性病を防ぐということは出来ません。
リスクを最小限にするなら、性行為を始める直後からコンドームを着用して極力粘膜の接触を避けるより他ありません。

オーラルセックスなども感染の原因となりますから、油断をしていればこのような場所からもうつってしまう恐れもあるので注意をしましょう。
性病は性行為をする以上はリスクのあるものとなっていますから、後はいかにそのリスクを低くすることができるかということしかありません。
そして、リスクを抑えるためには最低限コンドームを使用することが重要であり、それも出来ないのであればいつ感染をしてもおかしくないものだと認識しておくことが大切です。

人気記事一覧
サイト内検索